事業用不動産について調べてみたいと思います

事業用不動産とは、名前の通り事業をする為の不動産である事は分かりますよね。

この不動産と同じような言葉に、投資用不動産というものがありますが、どちらも共通している事は、収益を得ることを目的にしているという点が挙げられます。

収益や利益を得る為に、利用したり所有したりする不動産や投資をする対象のマンション等は、事業用不動産と言いますが、個人が居住することを目的とした不動産はこれには当てはまらないそうです。

大まかな特徴としては、事業用不動産の価値や料金は、得られると予測される収益に基づいて決まってくるのだとか。

つまり、市場競争などにより成り立っているのだそうです。

これは、企業や法人相手の不動産サービスとして、色々な不動産会社で売買されているという事ですが、不動産会社には得意分野と不得意な分野とがあるそうなので、事業用不動産の購入や販売を検討されている場合は、まずその不動産取引が得意な不動産会社を調べて、相談してみる事から始めると良いのではないでしょうか。

事業用不動産を売却したい時は

事業用不動産を売却したい時には、まず最寄りの不動産屋さんへ行くと思います。

事業用の不動産の為、購入する側の方の用途が限られてくるという点が特徴の一つと言えますが、売る際にはいくつか注意しておくべきポイントがあるそうなので、調べてみたいと思います。

事業用不動産は、商売やビジネスで使用する為の不動産なので、購入を検討している方は、会社で利用する為かテナントから賃貸料をもらう目的の、投資用として考えている企業が多くなるようです。

これらの不動産の売買は、居住用の不動産や物件に比べると購入者の数が比較的少ない傾向にある為、売る方は購入される候補を絞り込み、情報の公開や、伝達する方法をそれぞれ考慮して売却するという事が売れるかどうかの境目となるのだそうです。

事業用不動産の見つけ方

また、使用目的が会社での商売なのか、賃料をもらう目的の投資なのかでも、売れる際の想定金額に大きな差が出てくる事も少なくないそうなので、売却を検討の際はそれらも踏まえて、まずは不動産選びをする事が大切なようです。


Comments are closed.